開店祝いのマナーやプレゼント

友人やお取引先の新規開店の開店祝いのマナーや定番の贈り物(プレゼント)を紹介しています。人気のあるプレゼントは花ですね。中でも定番の胡蝶蘭は大人気です。

マナー

開店祝いのマナーを解説しています。開店祝いというのは頻繁に贈るものではないので、しっかりとマナーを学んでから開店祝いを贈りましょう。のしの書き方、金額や相場、メッセージ・文例、贈るタイミングなどのマナーを解説。

開店祝いの挨拶
周りの知人や友人が開業してお店を開いたら、非常におめでたいことです。親しい友人などであれば、「おめでとう」の挨拶を伝えましょう。

お祝いを贈るタイミング
贈るタイミングはいつがいいのでしょうか?開店当日と思われがちですが、実は余裕をもった前日でも大丈夫です。パーティーがある場合は当日に到着するようにするのがマナー。

のしの書き方
のし袋は、水引が赤と白の蝶結びが一般的です。表書きには「開店記念」「祝 御開店」などと書きましょう。改装やリニューアルなどの場合は「御祝」と書くのがマナーです。

開店祝いの文例
メッセージを贈る場合の文例を紹介します。目上の人に贈る場合や、親しい知人や友人に贈る場合などで文章が異なります。参考にしてみて下さい。

メッセージを添える場合
お祝いの品を贈る場合は、メッセージなども一緒に添えましょう。メッセージを贈る場合は、手紙として残るため、なるべくきちんとした正式な文で書きましょう。

相場や金額について
そもそもはなかなか贈ることがないので、自分の周りの友人や知人がお店を出していざ贈ることになった場合、みんな戸惑うことが非常に多いと思います。相場や金額を理解しておきましょう。

贈り物のマナー
開店祝いで贈り物を贈ることを考えている場合、マナーに気を付けましょう。贈り物に贈ってはいけないものもあるので注意が必要です。

花の選び方

開店祝いには花を贈るのが一般的です。どのような花を贈るのが良いのかを解説しています。花の選び方としてはまず定番は胡蝶蘭と言えるでしょう。その次に華やかなスタンドタイプの花が続きます。このあたりは鉄板といって良いでしょう。最近では観葉植物が送られたりもしますが、華やかさに欠ける部分もあるので注意が必要です。花の選び方やマナー、立て札の書き方なども解説。

他にも観葉植物がありますが、結構地味なので、ラッピングを華やかにしないとお祝いの雰囲気が出ませんので注意しましょう。花のマナーや立て札の書き方もしっかりと学んでおきましょう。なかなか分からない場合は、ネットで花を注文する際に開店祝いと入力すれば花屋さんがマナーなどきっちりとしたものを贈ってくれるので安心です。

花の相場とラッピング
開店祝いに花を贈る場合、花を選ぶポイントや注意点、相場などがいくつかあります。花を贈ると言っても、花の相場やラッピングなど気を付けなければいけない点がいくつもあります。

花の立て札の書き方
開店祝いでお花を贈る場合、同時に立て札を書かなければいけません。誰から贈られてきたのかが分かる顔のようなものなので、書き方や立て札の作り方は間違えないようにしましょう。

定番の花、胡蝶蘭
開店祝いの花といえば胡蝶蘭が定番です。鉢植えに入っている胡蝶蘭は根がしっかりと付いており「根付く」という意味があり、縁起が良いとされています。

胡蝶蘭の選び方
開店祝いに贈る胡蝶蘭には様々な色や形があります。白、ピンク、黄色等特に決まりはありません。また大輪の3本立てや中輪の5本立て等、相手を配慮して選ぶとよいでしょう。

華やかなスタンド花
知人や友人の開店祝いや開業祝いなどには花を贈ることが一般的です。お祝いで贈る花にも様々な種類の花があります。豪華な花を贈りたい場合は、スタンド花を贈ってみましょう。

観葉植物を贈る場合
最近では開店祝いに贈る花に観葉植物を贈るケースも増えています。予算も抑えられるのでおすすめですが、目上の人に贈る場合は注意が必要です。

縁起物の招き猫
招き物は商売繁盛の縁起物として昔から開店祝いに贈られることが多い贈り物です。招き猫にも色々な種類があり、右手を挙げている猫はお金を招き、左手を挙げた猫はお客さんを招くと言われています。

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

お返しについて

開店祝いをもらったらお返しをしましょう。店の印象を良くするためにもきっちりと誠意を見せることが重要です。もらった側の対応方法を解説しています。きっちりとお返しをすることで、好印象を与えましょう。お礼状は基本です。

開店祝いをもらったら
開店祝いでもらった花や看板などを立てて置く期間に特に決まりやマナーはありません。花であれば傷んだりする前にしまった方が良いですし、長く持つのであれば1ヶ月くらい出しておいても良いでしょう。

開店祝いのお返しの仕方
もし自分がお店を出すことになって、開店祝いを頂いたら、お返ししなければいけません。お返しの仕方はそれぞれ状況によって異なります。

開店祝いのお礼状
開店祝いを頂いたら、お返しにまずはお礼状を出しましょう。お礼状の決まり文句や基本的な文章の例を解説しています。

とにかくすぐに贈りたい!

開店祝いに贈ってはいけないもの

贈り物をあげる際に注意しておくことは、「火」を連想させるものは贈ってはいけないということです。具体的には赤色のものです。例えばライターや灰皿、花でも赤のものはタブーとされています。プレゼントする場合はこのあたりは最低限のマナーとして覚えておくと良いでしょう。

このページの先頭へ