観葉植物を贈る場合

開店祝いと言えば、胡蝶蘭を贈るのが最も一般的ですが、観葉植物を贈る人も増えてきています。その理由としては、その観葉植物の種類にもよりますが、胡蝶蘭に比べて値段が安いことや、育てやすいため開店後も店内にずっと置けることや、観葉植物はお店の雰囲気を問わずインテリアとして飾りやすいという点などがあります。

また、観葉植物には様々な種類があり、「幸福の木」という名前の種類もあります。開店祝いで観葉植物を贈るのであれば、この種類などを贈ると縁起が良いため非常に喜ばれます。

観葉植物の相場は、種類にもよりますが、1万円前後が平均だと言えます。それに対して、胡蝶蘭は1万円から、スタンド花のように豪華で鮮やかなものになると5万円もする物があるため、観葉植物は非常に予算を抑えることができます。

観葉植物は胡蝶蘭に比べてどうしても華やかさに欠ける部分があるため、綺麗にラッピングをしてもらいましょう。お店によってはラッピングだけでなく、立て札やメッセージなどを付けてくれるところもあります。そこに「祝 御開店」などを記載し、自分の名前を記載して贈ると良いでしょう。

ただし、開店祝いに観葉植物を贈る人が増えてきたとは言え、やはり主流は胡蝶蘭やスタンド花が多いです。そのため観葉植物は、親しい友人や知人などの開店祝いなど贈って、会社関係や、目上の人に開店祝いを贈る場合は、無難な胡蝶蘭を贈る方が良いかもしれません。

華やかなスタンド花 →縁起物の招き猫

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ