開店祝いの花の相場とラッピング

開店祝いに花を贈る場合、花を選ぶポイントや注意点、相場などがいくつかあります。花を贈ると言っても、花の相場やラッピングなど気を付けなければいけない点がいくつもあります。

まず、花を選ぶ際に重要な点は花の予算です。贈り物を贈るということは、相手に対する気持ちの表れです。なるべく豪華な花を贈りたいところですが、豪華過ぎても相手にかえって気を使わせてしまいます。

花の相場としては、ちょっとしたお祝いだと1万円前後、もっとちゃんと祝いたい場合は2~3万円前後、格式高く正式に祝いたい場合は3~5万円前後が一般的な花の相場のようです。会社関係で贈る場合の相場は2~3万円前後ですが、知人や友人などの開店祝いの場合は、1~2万円前後が多いようです。

次に贈る花を選んだら、ラッピングですが、開店祝いの場合、なるべく華やかで派手なラッピングが好まれます。赤、ピンク、金などの色など派手なラッピングで包んでもらいましょう。

一般的に、飲食店やお店などであれば、お客さんの目を引くような鮮やかな金色、事務所や薬局などに贈る場合は、落ち着いた薄いピンクなどで、会社で贈る場合は、なるべく上品に赤で包む場合が多いようです。しかしお祝い事のため、あまり型にとらわれず、何よりお店の雰囲気に合った色で花を包むことが一番良いでしょう。

お店に置いてある贈り物が華やかだと、お客さんの目を引くだけでなく、それだけで豪華に見えるものです。お店に置くつもりでラッピングを選びましょう。ただ、普通の素人がやるとあまり綺麗にならないので、花屋さんに任せるのがベストでしょう。綺麗にしてくれます。

開店祝いの花の立て札の書き方

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ