開店祝いの花の立て札の書き方

開店祝いでお花を贈る場合、同時に立て札を書かなければいけません。立て札は非常に重要なものです。誰から贈られてきたのかが分かる、いわば顔のようなものです。そのため、書き方や立て札の作り方は間違えないようにしましょう。

一般的に立て札には「祝 御開店」と自分の名前を記入します。その場合、もし会社で贈る場合は、会社名、そして役職名なども記入すると良いでしょう。正確に記載しないと、誰から贈られて来たものか分からなくなってしまいます。

そして注意しなければいけない点は、贈り先の名前は記載しないという点です。中には贈り先の名前を記載する人もいますが、基本的には書かなくても良いとされています。これはわざわざ書かなくても分かるから、また書かない方が綺麗に見えるからとされています。

また、立て札を書く場合、お店に贈る場合は、「御開店」、病院であれば「御開院」または「御開業」、事務所や会社などの設立のお祝いであれば「御開業」その他工場や施設などのお祝いには「御開設」と書いて贈る必要があります。

また、移転や新装開店など、これらの場合に当てはまらないような場合には「御祝」でかまいません。このように祝う種類によって立て札も書き方が少し異なるので注意が必要です。

立て札で一番気を付けなければいけない点は、誤字脱字です。当たり前のことかもしれませんが、正式な物ですし、会社で送る場合は会社の顔になります。そのため細心の注意が必要です。

こういった書き方が詳しく分からない場合は、注文する花屋さんにある程度まかせておけば良いでしょう。プロですからこういった花のマナーはお手のものです。問題なく仕上げてくれます。

開店祝いの花の相場とラッピング →定番の花、胡蝶蘭

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ