開店祝いの電報の贈り方

開店祝いの電報はいつ贈れば良い?

開店祝いに電報を贈ろうと思っても、「今贈って良いものだろうか?」と真剣に悩んでいる人はいませんか。相手から開店の知らせを受けると、一刻も早く相手にお祝いの言葉をかけてあげたいと思いますよね。

もちろん、お祝いの言葉をかけてあげる分には、決して腐るものではないのですぐでも大丈夫です。でも、電報と一緒に花とか開店日当日に飾れるような贈り物をを贈る場合には、やはり時期を慎重に選ぶべきです。

さすがに、「開店日より何週間も前に花を贈る。」なんて言うことをする人はいないでしょうが、前日までに届くように手配すれば問題ないでしょう。ここで、「花はどうせ当日に飾るのだから。」と言って、当日に届くように手配しようとしている人はいませんか。

開店日当日は慌ただしくなるでしょうから、できれば当日に花を贈るのは避けた方が良いでしょう。贈る側からすれば、「受け取る側は受け取ったものを飾るだけ。」と思うかも知れません。

ただ、実際は受け取る側は花を受け取ったり、飾る場所を考えたり、運んだりなどの色々な手間があるものです。基本的には「前日までに届くように」ですが、念のため相手に受け取れそうな日を確認しておくのが無難です。

開店祝いの電報の文例を見てみよう!

開店祝いはそれほど多い訳ではなく、どういう文章の電報にしたら良いのか悩むかも知れません。こんな時には、次のような文例を参考にしてみましょう。

「この度は、(店名)のご開店おめでとうございます。
千客万来、益々のご繁栄をお祈り致します。」

「新装開店、おめでとうございます。
多年の念願を叶えられたこと、心よりお祝い申し上げます。
愛されるお店を目指して頑張ってください。」

「ご新装オープン、誠におめでとうございます。
今後とも全力でサポートさせて頂きますので、
何卒よろしくお願い致します。
お店の繁盛をお祈り申し上げます。」

開店祝いの電報の文章はコンパクトで大丈夫なので、最低限お祝いの言葉、今後の応援の言葉は入れましょう。また、火事や赤いものを連想させる言葉はタブーで、次のような言葉には使わないよう注意しましょう。

「火」、「煙」、「灰」、「赤」、「焼く」、「燃える」、「潰れる」、「傾く」、「落ちる」、「壊れる」、「破れる」、「無くなる」、「失う」、「流れる」、「倒れる」、「飛ぶ」、「枯れる」、「閉じる」

ちなみに、開店祝いの贈り物でも、火事や赤いものを連想させるもの、例えば灰皿、ストーブ、赤い花、赤いラッピングなどは避けてくださいね。

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ