開店祝いののしの書き方

開店祝いで贈るのし袋は、水引が赤と白の蝶結びが一般的です。表書きには「開店記念」「祝 御開店」などと書きましょう。もし改装やリニューアルなど、開店に当てはまらない場合は、単純に「御祝」と書きましょう。

のし袋を書く場合は、毛筆で書くのが正しい書き方ですが、なければ筆ペンでもかまいません。ボールペンなどの普通のペンはなるべく避けましょう。

表書きに「祝」を書いたらその下、ちょうど水引の結び目の下に名前を書きます。名前はフルネームで書く必要があります。しかし家族で出す場合などは、姓名だけでもかまいません。会社で贈る場合は、会社名だけを書きます。

もし、友人などと連名で包む場合は、表に書く名前は3人までにして、別紙に全員の名前を書き、中包みに入れると良いでしょう。

中包みの表に包んだ金額を書きます。「金壱萬円也」と書くのが正しい書き方ですが、分からなかったり、その書き方に慣れていない場合は、「金一万円也」と書きましょう。「也」を付けることによって、端数が付かないということを表すため、必ず「也」は付けましょう。

裏に再度自分の名前と住所を郵便番号から書きましょう。住所を書く欄があればそこに記入しましょう。これは後でお返しが贈られてくる場合に、店主が困らないようにするためです。

渡す場合は、ちゃんと両手で持って正しい方向を向けて渡しましょう。渡し方も非常に重要です。お祝いの気持ちを込めて丁寧に渡しましょう。

お祝いを贈るタイミング →開店祝いの文例

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ