開店祝いでメッセージを添える場合

開店祝いでお祝いの品を贈る場合は、メッセージなども一緒に添えましょう。メッセージを贈る場合は、手紙として残るため、なるべくきちんとした正式な文で書きましょう。

メッセージを書く場合には、毛筆で書くのが正式な書き方ですが、ない場合は筆ペンでもかまいません。もし贈る相手が知人や友人など親しい仲であれば、通常のペンでも良いです。

最近はそこまで親しい仲でなくても普通のペンで書く場合も増えてきました。自分の書きやすい書き方で書きましょう。

会社の取引先や目上の人などにお祝いを贈る場合は、きちんと頭語、時候、前文と文末を書かなければいけません。失礼にあたらないように丁寧に書きましょう。もし親しい友人や知人などの開店祝いであれば、文章も前文などは省いて、すぐに祝意を述べても良いです。

書く内容としては、祝意を表す内容が基本です。そして、お店の店主が開店に至るまで努力などを思いやるような文章にしましょう。しかし、文章はなるべくシンプルに書きましょう。

また、言葉には気を付けなければいけません。「つぶれる」、「閉じる」など言葉はもちろん、「枯れる」「倒れる」「廃れる」「失う」「衰える」などの閉店や倒産を思わせるような言葉はできるだけ避けて書かなければいけません。

メッセージを書く場合は、気持ちが大切です。あまり形式にとらわれた書き方にこだわってしまうと、相手にも伝わりにくいです。そのため気持ちを素直に表した言葉を選んで書きましょう。

開店祝いの文例 →開店祝いの相場や金額

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ