お祝いを贈るタイミング

開店祝いに送る花やお祝いの品を決めたら、それを届けるタイミングにも注意をしなければいけません。開店祝いを贈るタイミングは、「幸先良く」という意味で、開店日の午前中に贈るのが一般です。

しかし最近では開店日の午前中だと、お店側はとても忙しいという場合が多いため、開店日の前日などにお祝いを贈ることも多いです。どちらにしろ、事前にお店の方に連絡をしておいた方が良いでしょう。オープン日はたくさんのお客さんが来店することが予想されます。

さらに開店祝いを贈るのは自分だけではないということも考慮しましょう。たくさんの花や贈り物などが届くことが予想されます。そのためオープン日に贈っては、対応や贈り物の置き場に困る場合があります。

そのため、お店にとっては、内装はもちろん、外装も抜かりなく綺麗に飾りたいものです。そのため、なるべく早めに贈り物を贈った方がお店側としては助かります。相手が個人の場合は聞いてみると良いと思います。

ただし、送り先が法人の場合は基本的にマナーにそって、開店日の午前中のタイミングで到着するようにすると良いでしょう。また、開店記念パーティーなどがある場合はパーティーの数時間前に到着するようにすれば問題ありません。

相手が個人事業主などで聞けるのであれば、何が必要なのか、いつ贈れば良いのかなども聞いておくと良いでしょう。また、できればお店の大きさも事前に確認して、あまり大き過ぎる贈り物は避けて、お店の広さに合った贈り物を用意しましょう。できればもらう側も喜ぶようなお祝いの品が良いです。花は定番ですね。

開店祝いの挨拶 →開店祝いののしの書き方

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ