開店祝いをもらったら

自分がお店を出して開店祝いをもらったらそれらを店内や店先に飾っておきましょう。開店祝いで一番多いお祝いの品物は花です。胡蝶蘭やスタンド花や立て看板の花輪などが多いようです。

そのため開店直後は店内も店の前も花でいっぱいになることが予想されます。その他にも「祝 御開店」と記載された看板なども届くことも多いです。これらの開店祝いでもらった花や看板などはどのくらい飾っておくのか考えた店主も少なくはないと思います。

開店祝いでもらった花や看板などを立てて置く期間には、特に決まりやマナーなどもありません。その贈り物によるところもあります。花であれば、傷んだり、腐ったりする前にしまった方が良いですし、長く持つものであれば1ヶ月くらい出しておいても良いでしょう。

開店祝いを店先に飾っておく期間は、一般に1週間から長くても1ヶ月くらいが多いようです。最近では花も防腐効果のあるラッピングがきちんと施されているため、割と長く持つようです。

長く持つようであれば、できるだけ飾っておいた方が良いでしょう。開店祝いの花や看板などはとても華やかなため、通行人の目を引くだけでなく、それら開店祝いを贈った人も店先に飾ってくれることで気持ち良いものです。

しかしもちろん花が傷んでしまったり、雨などで看板などが汚れてしまったらしまう必要があります。開店祝いだからと言って、汚れたまま無理して出しておくことは不衛生なため逆効果です。

また、開店祝いをもらったらしっかりとお返しをしましょう。そのまま方っておいたら失礼にあたります。店の印象を良くするためにも、その後お返しをすることは重要です。

開店祝いのお返しの仕方

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ