開店祝いのお返しの仕方

もし自分がお店を出すことになって、開店祝いを頂いたら、お返ししなければいけません。お返しの仕方はそれぞれ状況によって異なります。

たとえば、開店パーティーや祝賀会を開き、開店祝いを贈ってくれた人を招待した場合、そのパーティーや祝賀会自体がお返しになるため、特別お返しを贈らなくても良いとされています。

一般に、高価な開店祝いを頂いたら、その品物の約2分の1から3分の1ほどの金額相当のお返しを贈るのが適当とされています。しかし具体的にもらった品物がいくらであるというのは正確に分かりません。

もしかしたら高額に見えるだけで、実際の値段はそれほど高くないかもしれません。そのため、おおよその金額で見積もりましょう。

それほど高価な物を頂いていない場合は、お返しとしては、お店のお皿や湯飲み、マグカップ、またはお菓子などを贈れば良いでしょう。その他にはお店のクーポン券やサービス券なども良いです。もちろん花や観葉植物なども大丈夫です。

開店後、しばらくは大変忙しくなると思いますが、わざわざ開店祝いを贈ってくれた方々にはやはりお返しをすることが礼儀です。

たくさんの人からお祝いの品物をもらった場合、お返しを贈ることは大変かもしれませんが、時間がかかったとしても必ず1人1人に返しましょう。

そのためできればお礼状はすぐにでも送り、感謝の意を伝えましょう。そうすればきっとその人もまたお店に来てくれて、常連となることでしょう。

開店祝いをもらったら →開店祝いのお礼状

おすすめの花屋さん

プレミアガーデン

花を贈るならこのお店がおすすめ!笑っていいともの御用達のスタンド花を始め、胡蝶蘭も揃っています。お祝いごとに適したようにゴージャスに仕上げてくれます。価格も安いですよ!

・もちろん全国配送!
・消費税無料
・ラッピング・札無料
・東京23区内なら当日配送
・法人の方ももちろんOK

公式サイトはこちら→プレミアガーデン

とにかくすぐに花を贈りたい人はこちら
(贈り方解説)

このページの先頭へ